ごあいさつ

気が付けば保険の仕事を本業としてから、2018年1月1日で満30年となります。
私がこの仕事を選んだのは、昭和62年11月に第2子を授かった時でした。
当時私は27歳。仕事は自動車販売会社の営業4年目で、妻と2歳になる長女と生まれたばかりの長男の4人で、エレベーターのない築30年のアパートの4階に住んでいました。
幼い2人の顔を見て、少し前にご縁のあった、保険会社の社員さんとの会話を、
頭の中で何度も繰り返していました。

  1. 『坂口さん!24か月の研修期間中に、4ヶ月毎の販売目標を達成すれば
    生命保険・損害保険の代理店になれる制度に、ぜひ挑戦しませんか!』

  2. 『質問ですが、もし目標が達成出来ない場合は?』

  3. 『申し訳ありませんが、翌月に即時退社です。』

  4. 『ん~・・・』

思案の末、翌月12月に自動車販売会社に退職願を出し、不安の中へ飛び込みました。

そして2年・・・平成2年1月1日付、保険代理店として開業することができました。
同月入社の125名の同期生は、24名に減っていました。(現在は2名です)
初めて付けた屋号は「愛栄保険事務所」でした。
「お客様から愛され栄えていきたい」という願望からの命名で、
25年ローンの自宅の一部屋を事務室にし、妻が子育ての傍らで事務を手伝ってくれていました。
「とにかくお客様に認めていただきたい!」という情熱が、毎日の原動力でした。

そんなある時、銀行員になっていた高校の同級生に偶然出会い、彼からの
『長くお客様とお付き合いするには、個人ではだめだよ』とのアドバイスで、法人成りを決心しました。

平成 7年 2月 「有限会社プロミサム(ラテン語で 利益を守る)」を設立し、その後
平成15年12月 「有限会社アネシス(ギリシャ語で 安心 )」を経て、
平成21年 4月 念願の新事務所を購入し、「株式会社アネシス」として再スタート。
平成28年11月 前述の長男が、私の後継者として株式会社アネシスに入社いたしました。

四半世紀を超える間、保険の仕事を継続できたのは、 お客様のご温情の賜物です。
辛い時に『頑張りなさいよ!』と声をかけて頂き、私を信じて大切なご契約を任せて下さった、 お客様の御心のおかげです。
今後も「お客様の利益を守り」「お客様に安心していただき」「お客様に愛され栄えたい」という、 これまでの屋号に込めた思いを、親子二代で誠実に見つめ・考え・そして全力で研鑽し続け、
「お客様の幸せ実現の為に、お役に立てる我々である!」それを原点と考える会社を目指します。
今後も、至らぬ私と共に、息子をもご指導いただけましたら幸いです。
貴方様への感謝の気持ちは、何度お伝えしても足らない気がいたします!
 あらためまして『ありがとうございます!×100万回』

株式会社アネシス 代表取締役 坂 口 哲 哉

アネシス創業の理念

弊社の業(ぎょう)の原点は、「安心の創造」である。
安心創造の使命感から「思考」が生まれ、「思考」が形となるとき「自信ある行動」が生まれる。

創業の発起にあたり、「安心創造」を生む「思考」とは、次の3点であると断言する。

  1. 常に お客様の立場に立ち、誠実に向き合うこと
  2. 常に お客様からの「課題」を尊び、「工夫」を常とすること
  3. 常に 専門分野の研鑽をおこたらず、「情報」を発信し続けること

これらの「思考」から次の3点が「行動」として生まれる。

その行動とは

  1. 経済準備の考え方に基づく「保険」販売
  2. 店舗を中心にした「限定地域」に、熱心にサービスを提供する。
  3. 地域最優位を達成した後、拠点を点から線・面へと発展させる行動をとる。

「未来」とは、全ての人格に平等に与えられた「可能性」ある。
努力を惜しまず・変化に挑み続け、「安心創造」に邁進することこそが、
「アネシス」の社名の由来であり、「未来」に対する姿勢である。

*アネシス = ギリシャ語で「安心」

安心創造へのプロセス