法人のお客様へ

社長さん「健全な経営」とはどんな経営でしょう?

大企業は別として、中小企業の社長の仕事は、「経営計画」「資金繰り」「取引先の確保」「金融機関との交渉」「社員の確保・教育」「事業承継(後継者育成)」など多岐にわたります。
また経営の環境も「税法」や「労務関係法」などを含め、日々変化してゆきます。
そんな状況を承知の上で、あえて質問いたします!

社長さんにとって「健全な経営」とはどんな経営ですか?

「損金」や「法人所得税」の軽減効果のための「保険加入」が解決策なのでしょうか?

それに対する「解決策」は?

何が「健全」かは、人の顔が違うようにいくつもの答えがあるはずです。
古語に言う『敵を知り己を知らば、百戦危うからず(孫子兵法)』です。
「敵」とは、社長を不安にさせる「諸々の問題」。「己」とは、ご自身の大切な会社の状況でしょう。
法人(分身)のありのままの状況を知ることが、解決の糸口となるはずです。
アネシスでは、各種シュミレーションを行い、御社の状況を分析できます。

具体的手法は?

弊社と外部の専門分野とが以下のことなどを行います。

具体的手法(提携専門職との連携を含む)
  1. 決算書からの現状分析

  2. 万が一の事業保障資金の計画相談

  3. 事業承継や相続時の必要資金の計画相談

  4. 社長の勇退時の退職金準備の計画相談

  5. 助成金制度の活用相談など

安心の未来は「今」の向こう側にあります。